とにかく思ったことを行動してみる

全国ボート免許更新センターにて4/1(日)よりネム(XEM)決済がスタートします。

2018/03/23
 
この記事を書いている人 - WRITER -

これからの社会に大きく躍進してくると期待されている仮想通貨

その中でも特に注目されている仮想通貨の1つに

ネ ム(XEM)

があります。

今回は全国ボート免許更新センターが、4月1日(日)より仮想通貨決済を導入する予定であることを発表し、そこで使われる通貨がNEM(XEM)であったことについて、私の思うところなどを少し記事にしてみたいと思います

1月26日にネムがコインチェックより不正送金されたおかげで、ネムの名前が世間にすごい知られることになりましたが、どちらかというとあまり良いイメージで知られる形にはならなかったように思います。

世界最大の取引所であるBINANCE(バイナンス)でも、ネム(XEM)が取り扱われる予定だったそうなのに、コインチェックの件があったのか未だに発表はされていないですよね。

SBIの北尾会長がコインチェックのことを『カス中のカス』と言いましたが、本当にコインチェックはネムの足を思いっきり引っ張ってますよね。

ただ、ネムの性能は抜群で、特にセキュリティレベルはとても高く、ロシアのZEUSが株式売買をネムネットワークを使うことが決まっていますが、株式の売買というとてつもないセキュリティ環境を要求する市場において『ネムのブロックチェーンでないといけなかった』とまで言わせています。

そして、ネム財団がどんどんネムの経済圏を広げていってくれており、2018年はネムが様々な場所で使われていく年になりそうなのですが、ネム財団だけの活動では爆発的な広がりは見せないと思っています。

ネムが爆発的に広がるためには、個人のプログラマーや企業がネムのAPIを使ってネムで出来ることを作ってくれたり、店の決済にネム(XEM)を導入し始めないといけません。

そのような中で、今回の全国ボート免許更新センターにて4月1日(日)よりネム(XEM)決済を導入するという発表がされましたが、これはネムのHPのニュースにも載っていないことから、ネム財団が働きかけたものではない案件だと思われます。しかも、現地点ではビットコイン(BTC)ではなくネム(XEM)のみが使われる予定です。

全国ボート免許更新センターへのリンクを貼っておきました。

つまり、全国ボート免許更新センターがネム(XEM)の良さを理解し、独自で導入を決めたということですよね。

こういう案件が増えていくと、ものすごい勢いでネムの経済圏が広がっていきくだろうし、私はこの2018年はどんどんネムを導入する企業は増えていくと予想しています。

とっても楽しみですよね。

まあ何にせよ、皆さん投資に関してはすべて自己責任で運用してください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

私が使っている仮想通貨取引所の1つにザイフがあるます。ネム(XEM)を取り扱っており手数料が安いです。興味のある方は無料で登録できますよ。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© くるま君のやりたいことをやってみる , 2018 All Rights Reserved.