とにかく思ったことを行動してみる

壁紙についたボールペンの落書きを劇的に取り除く方法を発見しました。

 
この記事を書いている人 - WRITER -

みなさん家の壁紙にこんな感じ↓でボールペンがついた痕とか残っていませんか?

これ、普通にフローリングに痕がついた時と同じように落とせないんですね。

今回

『壁紙についたボールペンの落書きを劇的に取り除く方法を発見しました』

の記事を書くきっかけとなったのは、我が家の1歳の息子が、勝手にボールペンを持って壁紙に落書きをしてしまったんです。

当然嫁さんは『ギャーーーーーーーーー』

その後めちゃくちゃ不機嫌になってしまいます。

当初私は『こんなんすぐ消せるやろ』と言って気楽な気持ちでいました。

なぜならインク関係できれいに落とせる道具を2つも知っているから。それが下の2つ。

 

1.洗剤のいらないメラニンスポンジ

理由)フローリングについた大概の落書き関係はこれで落とせます。

2.除光液

理由)マニキュアを落とす時に使うものですが、私はインク・ペンキ関係がついた時とか嫁さんに借りて落としたりします。で結構な確率で落ちます。

 

今までこの2つさえあればほぼ落書き関係は消せましたので今回もいけると思いました。

そのときは。。。

とにかく『大丈夫やろ』とそんな気持ちで、まずメラニンスポンジを試してみると、、、、

スポンジがボロボロと削れ、壁紙が削れはじめ、、、、そしてボールペン痕はほとんど消えず。。。。

これにはちょっと焦りました。

 

ただすぐに気を取り直して次に除光液を試しました。

で、試してみると、、、、

ヤバい。インクがにじんで紫色の大きなシミになってしまいました。さらに除光液が垂れたところが新たなシミとなり完全な2次災害が発生。。。。

ここで嫁さんに『もっとちゃんと調べてから動いて』と怒られ、ようやくスマホで検索。

 『ボールペン落書き 壁紙 消す方法』

で、検索すると色々出てきますね。というかここで初めて、

 『壁紙についたボールペンってなかなか消せない』

ということを知りました。

 

で、今回私が壁紙についたボールペンの痕を完全に消すことに成功した道具が

 

キッチンハイター(泡タイプでないもの)いわゆる漂白するということですね。

これ、すごいですよ。ぜひみなさん試してみてください。

ここで重要なのは泡タイプでないキッチンハイターを使うこと。

これは、壁紙に泡タイプを付けると泡が下に垂れてきます。そうすると除光液で失敗したような新たなシミが出来る危険性が出てきますので、泡タイプでなく液体タイプで、綿棒を使って壁紙にしみこます感じで塗っていきます。

 

1.紙コップにキッチンハイターを入れて綿棒にしみこませます。
2.綿棒にしみこませた液を壁紙にしみこませるようにトントンと叩きながら塗っていきます。

液が垂れた場合は、垂れた部分をすぐにティッシュで拭き取ります。泡ではないのですぐにふき取れます。

普通の漂白と同じで、付けてすぐにはボールペン痕は消えませんが、5~10分置いておくとみるみる消えていきます。

これが
だんだん消えてきてますね。

最終もうほとんど分かりませんね。

 

除光液でにじんでしまいましたが
だんだん消えていき

いい感じで消えました。

 

私の場合、まぁこんなもんでエエやろという所でやめているので、ジー-と見れば痕が微妙に残っているのが見えたりしていますが、時間をかけて何回も塗ってやれば完璧に消すことが出来ますよ。

皆さんぜひ試してみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© くるま君のやりたいことをやってみる , 2019 All Rights Reserved.