とにかく思ったことを行動してみる

2018年、テックビューロ代表朝山貴生より新年のご挨拶 について私の感じたこと

2018/01/12
 
この記事を書いている人 - WRITER -

1月9日(火)、テックビューロ代表朝山貴生さんが自身のHPより新年のご挨拶をされました。

私たちのような一般ユーザーでは絶対に知りえない情報を朝山さんはたくさん持っており、そのような人の発言する内容はとても大切です。

これは2014年より仮想通貨業界で事業をやってきた人の今まで見てきた仮想通貨の歴史から、2018年の仮想通貨業界がどのようにして発展していくのかが、朝山さんには見えているのだと思いますし、それを伝えれる範囲でこの文章にされたのだと思います。

当然今はまだ言えない内容がたくさんある中で、ここまでなら大丈夫と思われる内容をこの文章に載せたのだと思いますが、ものすごく内容の詰まった文章だと私は感じました。

以下、挨拶文の載ったHPのサイトをリンクしておきます。少し長い文章ですが内容がぎっちり詰まっています。仮想通貨業界でのトップランナーが見えている2018年の未来が私たちにも見える文章ですよ。

2018年、テックビューロ代表朝山貴生より新年のご挨拶

そして、この挨拶文から感じ取れることは大きく次の3点です。

  1. 2017年までに開発されたネムを用いたたくさんのサービスが今年大きく花を咲かせる。
  2. mijinが「ブロックチェーン=実証実験」から「ブロックチェーン=実用」へと我々の印象を変える起爆剤になる。
  3. 法規制が整っていく中でリスクの高い詐欺まがいの小粒なICOは姿を消していき、中規模の腰の重いICOが中心となっていく。それを担っていくのがCOMSAである。

正直2017年11月の頃はネム(XEM)はオワコイン(終わったコイン)だとかいろいろ言われていましたし、相変わらずZaifのサーバーはものすごい負荷がかかるとダウンしてしまい、思いっきり叩かれたりと、批判がすごかったと思いますが、その中でしっかりと活動していたものが徐々に実を結んできたのが12月でした。

その中でも、ネムのコミュニティは着実に根を広げていて、特にモナコインが暴騰した後のネムのコミュニティにおいては、ネムのAPIで出来ることをみんながそれぞれアイデアを出し合いながらなんとかネムを盛り上げようとしていた時のツイッターとかは見ていてとても楽しかったです。

今はなんか値段だけをツイートしている人が多くなった気がして少し寂しいですね。

そして、色々な批判を受けながらここまでネムの価値を上げてきた過程を知らずに2017年12月頃や、もしくは2018年になってから参入してきた人に、ほんの少し前の2017年8月から仮想通貨を買い始めて、9月の中国取引所の閉鎖問題などで大暴落を経験した私のちょっとした話をここで読んでもらうことで、仮想通貨投資に向かう姿勢などを知ってもらいたいと思いました。

正直もっと前から仮想通貨を持っている人からしたら私の経験話などは『何を偉そうに語っているんだ』と思われてしまうことですが、12月から購入し、わずか1ヶ月で資産が何倍にもなった人とか、2018年の1月4日の高値あたりで購入し、現在資産が半分近くまで減少して生きた心地がしていない人にとっては、今から話す内容は読んで何かを感じてもらえるのではないのでしょうか。

 

私は2017年8月から仮想通貨を購入しましたが、一番初めに買った通貨がネム(XEM)とリップル(XRP)です。そのいきさつは

仮想通貨投資始めてみました

で載せています。当時の私がどのような気持ちで仮想通貨を買ったのかを記事にしているので参考になれば幸いです。

最後は勢いで買った部分もありますが、買うまでにたくさんの仮想通貨の性質(理念)を調べ、

『この通貨の将来性はとてもすごいぞ』

と思える通貨を買いました。なので、平均32円くらいで購入していたXEMが一時17円とかもあり、ネムに関しては大赤字のときもありましたが、一切売ろうなど思わずがっちりホールドしていました。というか買い増していました。なぜなら、ネムの将来性を信じていたからです。

今から参入しようと思っている人に、ほんの少しだけ前に仮想通貨に参入した者の一言です。小言を言って申し訳ありませんが、どこかでこの一言が役に立つときが来ればと思います。

  1. 数ある仮想通貨を自分でしっかり調べて、自分が絶対に伸びると思える通貨をぜひ買ってください。
  2. 人の意見を参考にするのはとても大切ですが、人の意見だけで買うのはやめてください
  3. 購入後価格がガクンと下がることがあるかもしれませんが、そんな時こそなぜ自分がその通貨を買ったのかを考えてください。仮想通貨自体が現在上昇トレンドなので、数か月後にはプラスになっている可能性が高いです。しかし、もし売ろうと思うのなら今の価格だけを見て判断するのではなく、各通貨の開発状況などをHPで調べるなどして、開発が止まっているとかHPが全然アップされないなどを見てから、売るかどうかの判断をしてください
  4. 必ず余剰資金でやってください。一部の人間はすぐに億り人(おくりびと:資産が億になった人)になっていますが、そんな簡単に資産が億に行くことなんてありません。一攫千金を狙いすぎないように。実際私も億を夢見ていますがまだまだ程遠いです。

 

そして、私が今思うことは、『いろいろ迷いながらもあの時仮想通貨を買って本当に良かった』です。買わなかったら一生後悔していたと思います。

正直今から参入するのはもう遅いのではと思っている人が多いかもしれませんが、当時(2017年8月)の私もそう思っていました。が、仮想通貨投資始めてみましたでも書いていますが、もう遅いのではと思いながらも自分のまわりにどれだけの人が仮想通貨を購入しているのかを考えた時、まだ先行者ではないかという気持ちになりましたし、実際2018年になって思うことは自分はまだまだ先行者であったということです。

そして、2018年になった今でもはまだまだ仮想通貨を始めている人は少ないです。

参考なまでに、現在時価総額3位のリップル(XRP)のアカウントは1000万人を突破したそうですが、10万XRP以上保有している者は全体の1%、4万XRP以上保有している者は全体の2%だそうです。つまり、ほんの少しの人間だけが少し多く持っているだけです。

なので、この1年も新たに仮想通貨を始める人はどんどん増えてくる思っているので、今からでもまだまだ先行者であることには変わらないと思います。現時点でまだ迷っている人はこの記事や私の書いた仮想通貨に関するほかの記事を読んでいただき、購入するかどうかの1つの材料にしてもらえたらと思っています。

何にせよ、皆さん投資に関してはすべて自己責任で運用してくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

仮想通貨が買える取引所にコインチェックがあります。日本で一番多くの通貨を扱っており、全部で12種類の仮想通貨が取引できるので安心だと思います。これを機に無料登録されてはどうですか?

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

また、ザイフのほうが購入手数料が安いです。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© くるま君のやりたいことをやってみる , 2018 All Rights Reserved.