とにかく思ったことを行動してみる

仮想通貨リップルとは-その将来性に価値を見出してみる

2017/11/07
 
この記事を書いている人 - WRITER -

これからの社会に大きく躍進してくると期待されている仮想通貨

その中でも特に注目されている仮想通貨の1つに

リップル

があります。

現在仮想通貨時価総額第4位にあり、通貨単位はXRPで、ripple(リップル)ではありません。

初心者はよくAugur(オーガ)の通貨単位REPと間違えることがあるので注意して買わないといけませんよね。

リップルは通貨自身の名前ではなく、XRPを発行している会社の名前です。

正直使い分けるのがめんどくさいので以降は『リップル』と『XRP』は状況に応じて使い分けますが、同じ意味で読んでいただきたいと思います。

そして、リップルは、現在の銀行などの金融機関で行われている金融商品の送金システムをより効率的かつコストが掛からないようにするために、XRPをブリッジ通貨として流通させようとしているのです。

つまり、B to C(Business to Consumer:企業と消費者間取引)で使うというより、B to B(Business to Business:企業間取引)がメインの通貨なので我々消費者(Consumer)のことはあまり考えていない通貨だと言われています。

ではブリッジ通貨とはどのようなイメージでしょうか。下の図がリップルがやりたいことが一目でわかる図だと思います。

そのブリッジ通貨の前に、送金システムについて少しお話します。

皆さん送金するとき、実際にお金が移動していないのはご存知ですか?

かいつまんで説明すると(あくまで私の理解していることなので間違っていたらごめんなさいね)

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 

①日本のA銀行から日本のB銀行に送金(決済)する場合

実際のお金を送るのではなく、振込の指図だけを電信で送って、お客さんに対してお金の受払いを行います。

当然、銀行AとBのあいだには貸し借りが発生しますが、この銀行間の貸し借りは、国内すべての銀行が開設している日本銀行(中央銀行)の当座預金口座間で資金が移動し、清算されていきます

現金を動かさずに、資金移動の指図だけで決済するというのが銀行間決済の仕組みです。

 

②日本のA銀行から海外のB銀行に送金(決済)の場合

外国への送金など、国をまたがった送金では、日本銀行の役割をしてくれる中央銀行のような組織がありません。

そこで、国際為替業務を行う銀行では、各銀行同士で個別に契約を結び、一つ一つ清算方法を決めています。この契約を「コルレス契約」といいます。

そして、手形の取り立て依頼などの授受、送金の支払委託など、さまざまな決済処理について、どのように対応するかを取り決めます。

また、その契約を結んだ相手先銀行を、「コルレス銀行」といいます。

外国への送金では、自分が使っているA銀行と送金をしたい海外のB銀行がコルレス銀行であるとは限りません。

そこで各銀行は、海外との送金取引において送金先銀行が自行のコルレス先でない場合は、その銀行と取引のあるコルレス銀行に送金指示を出して、間接的に送金を行っています。

つまり、

日本のA銀行からアメリカのB銀行へUSドルを国際送金したいとき、A銀行とB銀行がコルレス契約していない場合、A銀行とコルレス契約しているアメリカのC銀行を通してA⇒C⇒Bと送金手続きをしていくのです。(CからBへはアメリカの中央銀行があるので国内送金で出来ますよね。)

また、

日本のA銀行からブータンのB銀行へUSドルを国際送金したいとき、A銀行とB銀行がコルレス契約していない場合、A銀行とB銀行の両方とコルレス契約しているアメリカのC銀行を通してA⇒C⇒Bと送金手続きをしていくのです。

このように外国為替取引においては、コルレス銀行が国内為替における中央銀行と同様の役割を果たしているのです。

このときA銀行とB銀行の間で実際にお金は移動していません。日銀やコルレス銀行がきちんとおかねの台帳を付けており、お金が移動したという連絡台帳に記載するための手数料が発生します。さらに送金するのに何日かかかったり、営業日でなかったり営業時間外だったら次の日まで待たなくてはいけません。

このような手順を踏んでいますので国際送金はとても時間とお金(手数料)がかかります

 

リップル登場‼

そこで出てきたのがリップルネットワークです。XRPはIOUという決済方式を採用しています。

IOU(I owe you 私はあなたに借りがある)

この考え方は先ほど述べた

①日本のA銀行から日本のB銀行に送金(決済)する場合

赤字部分(貸し借りがあるというところの考えをXRPが担うということになります。

現金を動かさずに、資金移動の指図だけで決済するというのが銀行間決済の仕組みであることは先ほど述べましたが、それをどの国の通貨においても決済することができるブリッジの役割をXRPがやろうというのです。

つまり取引台帳上で動くのが円やドルのような法定通貨ではなく銀行が持っているリップルコイン(XRP)であるということですね。

そうです。

世界中のリップルネットワークに参加しているすべての銀行に対し、XRPが中央銀行的な役割をしていこうというのです。そして、このシステムを導入することによって銀行におけるコストが激減するみたいです。

以下はSBIホールディングスの北尾吉孝社長のコメントです

リップルが開発したインターレジャーテクノロジー(ILP)で国際送金システムコストを33%ダウン、さらにデジタルアセット(XRP)を使うことで送金コストが60%下がる。これは革命的な状況。 国内送金も大幅に下がる、24時間リアルタイム決算、銀行の決済インフラのコスト削減。 銀行が負担するコストが10分の1程度まで削減されるという見方もある。他行への送金手数料が数百円から十数円になる可能性がある。 銀行送金の活用が増えれば新しいサービスの活用も増える。

どうでしょうか。

そしてこれをやろうとしているのが現時点で世界でリップルのみなんです。

もしこのプロジェクトが成功したら、国際送金にかかる時間はわずか数秒。そして24時間365日いつでも決済ができてしまい、手数料が0.001円以下で出来てしまうのです。

ここが銀行がビットコインやイーサリアムを採用せずにリップルにする最大の理由ではないでしょうか。

XRPはビットコインの決済スピードの900分の1

(XRPは1秒間に1000件ほど処理できるそうです。ちなみにビットコインは7件ですが、8月1日以降少し処理速度が上がったと聞いたような。)

平均取引コストはBTCの1600分の1

だそうです。取引にかかる時間が約4秒ほどと言われており、銀行間での国際送金において為替変動による危険性も少ないと言われております。

これが個人間でもできるようになったら、銀行を介さずに、わずかな手数料とほんの少しの送金時間でお金のやり取りができるようになりますよね。

これは国際送金だけでなく、国内送金においてもうま味があるのではないでしょうか。

 

ただ、まだこのプロジェクトは実験段階であって、実行されておりません。

しかしこのプロジェクトがうまくいくことになると、現在の価格1XRP=28円(2017年9月1日)では世界市場でやっていけないのです。

現在リップルは1000億XRPをすでに発行しており、これ以上発行することはありません。

1XRP=28円だった場合、2兆8000億円しか賄うことができません。

どこかのサイトに書いていましたがアメリカが1日に行う国際送金が10兆円だそうです。

アメリカ1国のみですよ。

それが、世界レベルで考えたら。。。

ちなみに

1XRP=100円だった場合、10兆円

1XRP=1000円だった場合、100兆円

 

リップルがやろうとしているこの壮大なプロジェクトに私は大きな夢を託したくなりますね。

9月4日に中国人民銀行が仮想通貨のICOを前面に禁止する発表があって各コインが暴落していますね。9月6日現在は1XRP=24.6円です。

ただ、私はリップルの将来に応援しているので売ることは一切していません。

取り敢えずリップルの社長さんが今年末に1XRP=1ドルを目指すと言っておりますので全力で応援です 🙂 

 

9月19日追記

中国が9月16日に今度は9月中に仮想通貨取引所を全面禁止する方向の声明文を出しました。

それによる大暴落が起こっていますが、私はリップルの将来に応援しているので売ることは一切していません。むしろ少額ですが買い増しました(2500xrpです)。

もう少し日本円を持っていればもっと買い増ししたいのですが余裕資金がもうありませんので我慢です。

ネムかリップルのどちらを買うかで迷ったのですがやはりリップルにしました。

その後、みずほ、ゆうちょ、地銀が連合してJコインなるものを発行する声明を発表しました。

Jコインは1コイン1円という固定性なので、これは我々消費者にとってはとてもいいことですよね。

銀行どうしにおいて、リップルのサービスを利用し、国際送金ではXRPを使い、国内送金ではXRPやJコインを使えばいいと思っています。

私は今後コイン同士の互換性を持たせてくると思っています。

不安視するとすれば、銀行はとてもプライドが高いということです。

合併するときの銀行の名前をどちらが先につくのかでもかなりもめますよね。

なので他行が作ったコインを自分の銀行では意地でも使わないとなった場合、MUFGコインを他の銀行は採用しないとか、XRPをSBIが主導でしているのが気に食わないから採用しないとか、だからJコインはSBIが採用しないとか、とにかく自分主導でいくみたいになって、それぞれのコインが喧嘩をしだしたらなかなか前には進まないですよね。

そうならないことを願っています。

 

10月11日追記

10月16日よりSWELLがあり、それに向けてリップルの相場が上がってきています(10月9日に30円を超えました 😛  10月11日現在は28.802円です。コインチェックのチャートより)。

SWELLに出演する人物がかなり大物なのですが、どのような発表があるのか内容かまだ分からない状態です。

なので、かなり期待で上がっているので、もしかしたらSWELL後に大暴落し、その後にあるビットコインのハードフォークによるビットコインゴールドやsegwit2Xで、仮想通貨全体が大暴落する可能性は十分にあります。が、そうなったとしても私はリップルの未来を信じてがっちりホールドです。

また、リップルの社長がSWELLですごい発表があると明言しているので、その内容によって大暴騰するかもしれません。

とにかくワクワクしながら待つだけです。

 

 

あくまでも、投資による損益においては自己責任でお願いしますね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

仮想通貨ネムが買える取引所にコインチェックがあります。日本で一番多くの通貨を扱っており、全部で12種類の仮想通貨が取引できるので安心だと思います。これを機に無料登録されてはどうですか?

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

リップルは取り扱ってはいませんが、手数料が安いのはこのザイフです。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© くるま君のやりたいことをやってみる , 2017 All Rights Reserved.