とにかく思ったことを行動してみる

リップルがいよいよ中国に進出してきた。

2018/03/23
 
この記事を書いている人 - WRITER -

これからの社会に大きく躍進してくると期待されている仮想通貨

その中でも特に注目されている仮想通貨に

リップル

があります。

今回はそのリップルが2018年2月7日、中国のLianLian Internationalと提携を発表しましたので、それを記事にしてみたいと思います。

LianLianは中国における第4位のノンバンキングサードパーティ決済サービスプロバイダです。

2003年に設立した会社で、インターネット上で電子決済が出来ることと、国際送金が銀行の手数料よりも安くできるようなサービスをやっている会社です。

また、戦略的パートナーにPayPalやappleがあるので、今後、ものすごい加速で中国にリップルを使ったネットワークが広がっていく可能性が出てきましたよね。

 

※LianLianPayのHPにおける戦略的パートナーと、マーケットプレイスの一覧です。なかなかの企業が名を連ねてますよね。

 

どんな業種にしても、とにかく中国という国をどう取り込んでいくのかってのはとても大切な要素です。

そんな意味から考えても、リップルが中国に進出したことはとても大きな一歩ですよね。

アリババとの提携だったらもっとすごいことになるとは思いますが、LianLianとの提携でもかなり大きく前進したと思います。

なぜなら、LianLianは中国人民銀行(中国の中央銀行)に認可を受けている会社であり、中国の銀行口座の98%に送金できるネットワークを持っているからです。

 

※ 中国にどんな銀行があるのか正直分かりませんが以下が、LianLianがつながっている銀行です。

とてつもないチャイナマネーがリップルネットワークを使いだしていきそうですよ。

ただ、今回LianLianが参加したのはXRPを使わないxCurrentソリューションのほうなので、直接XRPの価格には反映されない感じです。

個人的にはもっとXRPを使うxRapidに参加する企業を増やしてほしいですけど、その辺はリップルは考えてネットワークを広げていってくれると思っています。

まぁ2018年1月はとんでもない相場で、2月初旬も寒い相場が続いていますが、グッドニュースがどんどん出てきていますので、これからの上昇が楽しみですね。

まあ何にせよ、皆さん投資に関してはすべて自己責任で運用してください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

私が使っている仮想通貨取引所の1つにザイフがあるます。リップル(XRP)は扱っていませんが手数料が安いです。興味のある方は無料で登録できますよ。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© くるま君のやりたいことをやってみる , 2018 All Rights Reserved.