とにかく思ったことを行動してみる

仮想通貨リップルとネムに対し思うこと

2018/03/23
 
この記事を書いている人 - WRITER -

これからの社会に大きく躍進してくると期待されている仮想通貨

その中でも特に注目されている仮想通貨に

リップル & ネ ム

があります。

今回はそのリップルとネムについて最近の私の思うことを書いてみたいと思います。

正直私の個人的意見です。間違った知識で話してしまうかもしれませんがそこは突っ込まないでください。

まず、私は自分が『これはおもしろい。将来性がある。』と思った通貨しか買っていませんし、基本1度買ったらがっちりホールドです。税金問題もあり、あまり売買をして課税対象にはなりたくないので今は、というか当分はがっちりホールドです。

そんな通貨を今は何種類か持っていますが、その中で私のポートフォリオの多くを占めているのがリップルとネムの2つの通貨です。

どちらの通貨も将来に対し、他の通貨以上にとても期待がもてると思ったので多く買いました。(と言っても8月以降に仮想通貨界に参戦した一般庶民なので10万枚以上とかは持ってません。)

どちらの通貨も2017年の1月から考えるとすごい高くなっていますが、それでも他の通貨に比べ現在の価格はとても安いと思いますので、個人的には2017年までが大量に仕込むことのできる最後の年かなぁと思っています。

 

リップル(XRP)

まずリップルですが、ブリッジ通貨としての将来性が半端ないと感じその未来を信じて買いました。私が一番多く所持しているコインです。

(ちなみにリップルとは会社の名前で、そのリップルネットワーク上で使われている通貨がXRPです。)

よく、ビットコインは非中央集権で、仮想通貨はそれがいいんだという人がたくさんいます。それに対しリップルは中央集権なのでアンチがたくさんいます。

ただ、最近のビットコインを見ているとはっきり言ってまとまりがないし、ほぼマイナーたちで中央集権化されているように思います。

そういう意味ではリップルの中央集権によるネットワークの拡大化は私はとても健全だと感じています。

そして、リップル社の金融界を変えていこうとしているその目線がとてつもなく高く、お金の流通システムがXRPによって劇的に変わるその節目を今自分が見ることが出来るということに、言葉では表現できないほどのワクワク感を持つことができました。

リップルについては別記事 仮想通貨リップルとは-その将来性に価値を見出してみる に載せています。

ただ、株を購入するのと同じ感じで、XRPを購入したユーザーは基本何もできません。

XRPの特性がブリッジ通貨なので、その使い方への拡張性をユーザーが広げることも今の段階ではできません。

リップル社の開発と活動によってのみ価格が左右されていきます。

ユーザーが出来ることはリップルの良さをこういったネットを使って広げることのみでしょうか。

XRP保有者はただただリップルの活動を見守り、値段が上がるのを待つのみです。

短期で売買をする方もいますがボラティリティ(値幅)の少ないXRPはどちらかというと長期保有者向きだと思います。

なので、1度持つとなかなか離さずがっちりホールドするリップラーが多いと聞きます。

そして、リップル的にはXRPの流動性を高めるために、今以上に、より多くの金融機関にXRPを保有してもらう必要がありますが、XRPの値段が今の値段以上に急に高くなると、金融機関がXRPを買い渋ってくるかもしれません。

そうなるとXRPを買ってくれる金融機関が増えませんよね。

しかし、今の時価総額では国際送金として使おうと思っても金額が足りないのです。

今のXRPの値段を30円として、1000億枚のXRPがすでに発行されており、これ以上増えることがないのでその時価総額は

30円×1000億枚=3兆円

ちなみにアメリカで扱う国際送金が1日約10兆円だったと思います。なのでこんな値段では世界中でXRPを国際送金として同時に使うと考えると全く足りませんよね。

だからリップルはXRPの時価総額を何としても上げないといけないのです。

ただ、リップルとしては今は世界中の主要銀行をもっとリップルネットワークに参加させたいはずです。

なのでリップルはXRPの時価総額を今は何としても上げたくないはずです。(あくまで私の意見です)

よくネット上でもリップルは価格を今は上げたくないから『リップルが価格操作している(大量にリップルが保有しているXRPを売ることで価格上昇を止めている)』とも言われます。が、基本暗号通貨全体が今は価格操作しまくりの世界です。

まぁまだ仮想通貨をしている人がわずか2%くらいしかいないこの世界なのでインサイダーなどが出来まくるのでしょうね。

リップル的には世界中の主要銀行がリップルネットワークに参加した後で、XRPの価格を上げるのがベストなんだと思います。

なので、ユーザーが頑張って値段を上げるということが出来ないようになっているのではと今は感じてます

ただ、XRPが金融革命を起こす可能性がすごく高いことは現在のリップルネットワークに参加している銀行名を見ると一目瞭然です。

2017年10月にアメリカドルとメキシコペソのXRPを使った国際送金が成功しています。

そして、2018年にいよいよXRPを使った国際送金が本格始動すると言われています。それが4月なのか5月なのか。

そして一気にXRPの価格が爆発するのがいつなのか。私はただただ期待をしながら待つのみです。

いや、待つだけではいけませんね。買い増すチャンスがあれば買い増します。

あの時買っておけばよかったってなりたくないですからね。

私的には国際送金を今のSWIFTが主体でなく、リップル社のXRPが主体で動くことになったのなら1XRPが1000円くらいはいかないと(これで時価総額が100兆円)銀行間取引はスムーズに動かないと思っているので。

とにかくリップルに関してはユーザーは今は何もできないというのを感じる毎日です。

ネム(XEM)

それに対してネムは最近メキメキと活動が活発になってきました。

私がネムを持った理由はハッシュアルゴリズムがPOIという方式で、POW、POSでは、一部の人間にしか枚数を増やすことが出来ないけど、XEMのPOIなら1万枚以上を保有していればハーベストというもので、だれにでも枚数を増やすことが出来るということに銀行の利息的な魅力を感じたからです。

また、カタパルトが実装出来れば1秒間に4000件処理が出来るということが、VISAカード並みになることで、これからの実社会でどんどん使われるのではないかという希望が持てたからです。

ネムについては別記事 仮想通貨ネムとは-その将来性に価値を見出してみる に載せています。

10月のCOMSAで盛り上がると思いきやどんどん価格が下がり、とうとう一時期17円台もありましたが、今はだいぶん盛り上がり始めています。

それはネムの社員が広報や開発などを頑張っているのもあるのですが、最近特に感じるのが日本のコミュニティがネムで出来ることをとにかく探しているように思います。

そして、mijinと合わせることで、その可能性は無限大に広がります。

通貨としてのXEM、複雑なコーディングなどせずあらかじめ出来上がったパーツを組み合わせるだけで作成できるスマートコントラクトや、複数の人数の同意で実行されるマルチシグ、独自通貨を作るモザイク機能や所有権が移転可能な証明書をブロックチェーン上で発行できるアポスティーユ、ユーザーの意見をいち早く反映させることが出来る投票機能、などなどネムで出来ることは本当に多いです。

ネムはとにかく何でもできるというのが私の感想ですが、一つのことに特化していないので、一つ一つを見ると少しやれることが限られています。

RPGで代表的な『ドラクエ』で例えると、ビットコインが決済としてしか使えない戦士なら、ネムは何でもそれなりにこなせる勇者ではないでしょうか。

そして、何でもできるからこそ、最近多くの人がネムで何かを作ろうとしています。

ココがリップルとは大きく違う点ではないでしょうか。

リップルはとにかくリップル社が頑張ってネットワークを広げていくのを応援することしかできませんが、ネムはネム社がやることを応援しつつ、自分たちでもネムで出来ることを見つけ、その可能性をどんどん広げていき、そしてその良さを広げていくことが出来ます。

最近でいうとモナコインが同じ感じです。

モナコインは、2017年9月では約50円でしたが一時は2000円を超えてました。たった3ヶ月で40倍です。

しかも、そのほとんどが日本人が円で買っています。なので、ビットコインの値動きにあまりリンクしていません。

これは開発陣が頑張っていることもありますが、それ以上にモナコインを愛する人々がモナコインで出来ることをどんどん広げていった結果だと思います。

ほぼ日本だけで2000円を超えたのです。世界中の取引所で取り扱われたら1万円とかも超えてしまうかもしれませんよね。

結局どれだけ能力があってもその物自身を使う人に愛されないと価格は伸びないということがモナコインを見て痛感しました。

そして、モナコインの大暴騰の後からネムのコミュニティがすごく活発になっていってるのをすごく感じます。自分たちでネムを盛り上げていこう。モナでもできたんだから次はネムだ。みたいな感じでしょうか。

とにかくネムが日本人にとても愛されているのが分かります。

そんな動きを見ていると2018年のXEMにカタパルトが実装されたときに、まず日本円だけでポーンと一気に上昇するのではないかとめちゃくちゃ期待してしまいます。

ネムの総発行枚数が90億枚なので、モナコインほどの上がり方はしないにしても1,000円とか超えてくれたら嬉しいですよね。

 

以上が今現在の私のリップルとネムに対し思う所です。

どちらのコインも2018年に伸びてきそうに思います。

そんなコインを持ちながら送る毎日は結構楽しいですよ。

 

あと、この記事を参考にすることであなたの投資に少しでも役に立てればとてもうれしいと思いますが、もしこの記事によって何かしらの不都合が出てきたとしても責任は負えませんのですべて自己責任にてお願いしますね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

仮想通貨リップルやネムが買える取引所にコインチェックがあります。日本で一番多くの通貨を扱っており、全部で12種類の仮想通貨が取引できるので安心だと思います。これを機に無料登録されてはどうですか?

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

ネムを買うのならこちらのザイフのほうが購入手数料が安いです。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© くるま君のやりたいことをやってみる , 2017 All Rights Reserved.