とにかく思ったことを行動してみる

ふるさと納税をやらない理由が分からない

2019/06/06
 
この記事を書いている人 - WRITER -

みなさん、ふるさと納税は始めていますか?

これをやっていない人は 

絶対に損をしている

と明言します。

なぜそう言えるのか。

まずふるさと納税の説明をしてみたいと思います。

 

ふるさと納税とは?

自分の応援したい自治体に寄附(納税)ができる制度です。

どういうことかというと、例えば北海道夕張市出身の人がいます。現在は東京で働いていて住民票は東京都品川区にあったとします。

このとき、自分の収入に応じて、次の年の所得税や住民税が決まり、住民税は東京都品川区に払っていきます。

が、自分の出身地をより活性化したいと思っても今までは寄附(納税)することはできませんでした。これを、寄附(納税)することができるようにしたのが

『ふるさと納税』

です。

そして、寄附(納税)した金額から自己負担額2,000円を引いた残りの金額が、次の年の所得税から還付されたり、住民税を控除してもらえたりするのです。(この辺は厳密には少し違いますがこれは後で例でもう少し詳しく説明します)

さらに、自治体によっては、納税者に対して返礼品が送られたりするのです。

ざっくり言うと、自己負担金2,000円で寄附(納税)できる上限金額が10万円だったとします。そしてその上限額いっぱいの10万円でふるさと納税したとき、自己負担金2,000円を引いた98,000円が次の年の所得税と住民税で差し引かれるというのです。つまり、

次の年に支払う税金を、先にふるさと納税として支払った

ということです。

そして、返礼品でお肉だったり果物だったりが送られてくるのです。夕張市なら夕張メロンが送られます。

集まった寄附金は、自然保護や文化財の保全、子育て支援といったまちづくりなどに活用され、災害時の被災地支援にも役立てられていきます。

 

ふるさと納税はどの自治体にでも寄附(納税)できるの?

寄附(納税)する自治体は自分で自由に選ぶことができます(ただし、自分の住民票がある自治体には寄附できません)つまり、自分の心の故郷に寄附(納税)することができるということです。

ということは、

自分が欲しいと思う返礼品がもらえる自治体に寄附(納税)する

返礼品がもらえる + 次の年の税金が控除

という仕組みなんです。

何もしなければただ税金を払うだけですよね。それを税金を払って、ものがもらえるのであればそちらのほうがお得じゃないですか 😀  😀 

 

どのような返礼品があるの?

これは日本全国の様々な自治体が返礼品を用意しています。現在ふるさと納税を取り扱った様々なサイトがありますので登録し、自分でじっくり探してみてください。

ふるさとチョイスはこちらから

楽天市場はこちらから  ←楽天市場の左のカテゴリーから楽天ふるさと納税を選択してください

さとふるはこちらから 

リンクを貼っておきましたので、クリックして探してみてはどうですか。

ちなみに私は『ふるさとチョイス』と『楽天』を利用しています。

ふるさとチョイスは日本で取扱件数が1位のサイトです。

楽天は品数が少ないですがポイントが付くのでかなり大きいです。合計ポイントが2,000円を超えたら、自己負担金の2,000円をポイントで補うことができますよね。なので、実質自己負担が0円であったり、プラスになることだって普通にあります。

あと間違ってはいけないのが、ふるさと納税は

商品を購入することではありません

あくまで自治体に寄附をするということなので、返礼品が届くのが遅かったりするのはザラです。

さらに、返礼品自体は割高です。

例えば20,000円の寄附でもらえるウナギがありますが、これを普通にお店で商品として買ったら5,000円くらいで買えたりします。

なので、買い物として考えたら損をしている感じになります。が、その考え方は間違っています。

本来ふるさと納税をしなければ、普通に税金を払っていたのを、ふるさと納税をしたから5,000円分のウナギがもらえた。と考えるのが正解です

つまり、出来るだけ自己負担金2,000円でできる寄附金の限度額いっぱいまで寄附金を使うほうが絶対にお得になるのです。

 

どれだけ寄附(納税)できるの?

いくらでも寄附(納税)はできます。が、やはりお得に寄附をしたいですよね。

このふるさと納税では最低2,000円は自己負担金として必ず最低支払わなければいけません。事務手数料だと思ってください。

その2,000円で最大支払うことのできる寄附金の限度額は、自分の収入などで決まります。

私は ふるさとチョイス楽天市場のふるさと納税 のサイトにシミュレーションができるのでそれを利用しています。源泉徴収票があればきっちりとした額が出せるので絶対に源泉徴収票を用いて2,000円で支払うことができる限度額を算出しておくことを勧めます

ちなみに、自己負担金2,000円で寄附できる限度額が10万円だったとします(年収が550万円くらいの方がこれくらいになります)。10万円以内の寄附であれば2,000円の自己負担額になりますが、10万円より多く寄附した場合、自己負担額が2,000円より多くなります。ざっくりとした計算では15万円を寄附した場合、115,000円が控除の対象となり、自己負担額は35,000円になります。かなり、自己負担額が増えますよね。

例)自己負担金2,000円で寄附できる限度額が10万円のとき

50,000円寄附ー自己負担金2,000円=48,000円が税金控除

80,000円寄附ー自己負担金2,000円=78,000円が税金控除

100,000円寄附ー自己負担金2,000円=98,000円が税金控除

150,000円寄附ー自己負担金35,000円=115,000円が税金控除

簡単に調べることができるので、しっかり調べてから寄附をしてくださいね。

 

ということなので、自分の資金にかなり余裕のある方は、自分の好きな金額を寄附されたらいいと思いますが、私のような一般庶民はとにかく自己負担額2,000円で寄附できる金額をMAXで使い、次の年にそれを税金控除してもらうのが、このふるさと納税をフルに活用する方法だと思っています。

 

どうやって税金控除の手続きをすればいいの?

私のまわりでふるさと納税を始めている人が意外と少なく、びっくりしています。みんな口をそろえて言うのが

  『ふるさと納税ってお得なんやね~。知っているんだけどめんどくさくって』

ほぼ全員が『めんどくさい』という言葉を発します。

みんな本当に損をしているなと私は思います。

実際にする作業ってほんのちょっとで、それをすることですごい返礼品がもらえるのに。

では、どうやっていくのか説明していきますね。

①基本的な手続き(確定申告をする場合)

ふるさと納税をした場合、寄附した自治団体から納税証明書が送られてきます。それを持って確定申告でふるさと納税で寄附をした金額を書類に書いて提出します。そうすれば、寄附をした金額から自己負担額が引かれた金額が、次の年の所得税と住民税に振り替えられて控除してもらえます。厳密には所得税は還付(お金が返ってくる)され、住民税は控除(税金が免除)されます。とにかく何かしらの経路で自分に返ってくるということです。

 

この方法は、毎年確定申告をしている人(自営業や副業をされている方)なら特に面倒な作業が加わるわけではありませんよね。

でも、普通のサラリーマンなら、会社で年末調整をする人がほとんどです。そんな人は確定申告をしに行きませんよね。そのような人には次に説明するワンストップ特例制度というものを利用してください。

 

②ワンストップ特例制度を利用する場合

1年間で寄附をした自治団体が5団体以内なら、各自治体が寄附者が住んでいる自治体への控除申請を代行でしてくれるという制度です。

この場合は、寄附をした金額から自己負担額が引かれた金額が、次の年の住民税でまとめて控除してもらえます。つまり、我々寄附者は寄附した自治団体から送られてくる『申告特例申請書』に必要事項を記入し、

『マイナンバーカードのコピー』

もしくは

『マイナンバー通知書のコピー+本人確認の書類(運転免許証など)のコピー』

を提出するだけです。作業はとても簡単です。これをめんどくさいというのなら、やらなくていいと思います。

このワンストップ特例制度でふるさと納税を利用するのが普通のサラリーマンにはいいと思います。

 

たった、この作業をするだけで、

単に税金を払うだけの生活から、税金を払って自分の好きなものをいただく生活

になるのなら、私はこのふるさと納税を絶対にしたほうがいい。というより

しないという選択肢が見つかりません

まだ始めていない人は、ぜひ始めてください。

 

最後に

皆さん将来の老後に対してとても不安に思っている人が多いと思います。そんな中で株、FX、副業

等を始める方がいると思いますが、それは私の中では

『攻めの投資』

だと思っています。

それに対して、払う税金をうまく利用したり減らしたりするようなこの ふるさと納税 や iDeCo などは、

『守りの投資』

だと思っています。

私の考え方は、

まず守りをしっかり固めてから攻めていく

です。

みなさんも、幸せな未来が来てくれるようにしっかり今から対策していきましょうね。

あと、ふるさと納税について私よりももっと詳しく、そして正しく書かれているサイトがたくさんありますので、そちらも参考にして行動してくださいね。

 

 

あと、これからどんどん広がっていくと言われる仮想通貨。

仮想通貨に関しては別のページにも載せていますが、ほんの少しでも興味があるのなら、取引所での口座開設をお勧めします。

登録は無料です。下にリンク貼っておきますのでそちらのほうもぜひチェックしてみてくださいね。

取引量日本一と言われるのがこのコインチェックです。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

手数料が安いのがこのザイフです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© くるま君のやりたいことをやってみる , 2017 All Rights Reserved.