とにかく思ったことを行動してみる

仮想通貨はこれから決済手段として広がっていくのか。

 
この記事を書いている人 - WRITER -

2017年より、ものすごい勢いで広がっている仮想通貨。

そして、2018年もまだまだ上昇トレンド継続だと思いますが、ふとしたことが頭をよぎったので、記事にしてみたいと思います。

それは、

仮想通貨を使った決済がこのままでは一般社会に広がらないかも

です。

というのは、税金問題です。

現時点において、仮想通貨による損益に対する税制は国によって異なります。

日本においては、以下の条件のときに税金対象となります。

  1. ある仮想通貨を売った際、その通貨の買ったときの取得単価よりも高い。
  2. ある仮想通貨が買ったときの取得単価よりも高くなっているときに、その通貨を使って何か買い物をした。
  3. マイニングなど(XPのレインも含む)により仮想通貨を得た。

などです。仮想通貨における日本の税制は雑所得の部類に入るので、利益分の利用が年間20万円以上になった場合、確定申告をしないといけません。

ここで思うのが、

何も考えないで仮想通貨を使って買い物をする人が今後増えていくと、確定申告を普通に忘れてしまう人が続出するのではないか?

ということです。悪意も何もなくです。

そうなったとき、国税庁の人がめっちゃ大変になりますよね。。。

現在、私はカードを使って公共料金の支払いなどをしていますので、普通の買い物も含めると年間で余裕で100万円くらいカードで支払っています。

ということは、電気料金をビットコインで支払ったり、どこかの飲食店での食事代をネムで支払ったりが普通に出来る世の中になったとき、年間100万円以上は普通に使いませんか?

そしてどんどんビットコインやネムの価格が上がったら利益分だけで20万円以上は使う状況は普通に起こりうることだと思うのです。

そんな時、すべての会計において、購入時は消費税という税金を支払い、さらに3月の確定申告のために毎回細かく支払明細をつけておかないと確定申告できなくなるということになりますよね。しかも使った時の通貨の時価もつけとかないといけないんですよ。

それこそブロックチェーン上に残った履歴で全部計算をやってくれたら一番楽なんですが匿名性のコインもあるので基本無理でしょう。

なので普段よりきちんと家計簿をつけている人ならまだましだと思いますが、そんなことをしていない人がたくさんいるこの世の中で、今の税制では怖くて仮想通貨を使って買い物が出来なくなりそうです。

つまり、いちいち確定申告のことを考えながらお会計をしないといけないなんて、ちょっと使いにくいと思いませんか?

なので、取引所での売買のみで盛り上がっている世の中にしかならないような気がしてきたんです。

国のお偉いさん方、早急に仮想通貨における税制の見直しをして国民がストレスフリーで仮想通貨を使える社会を作ってくださいって思います。

というか別記事でも書いていますが、国は仮想通貨に対し、大きな規制はかけてこないと私は思っています。

しかし今回ふと、国は仮想通貨を全く広げたくないのかもとも思ってしまいました。

なので、今は取引所での売買だけで問題ないと思いますが、いよいよ仮想通貨が決済手段として実社会で使えないとなったとき、突然価値が0(もしくはほぼ0)になってしまうということも考えないといけません。

つまりどのタイミングで仮想通貨を売り抜けるかがとても大切になるということかもしれませんよね。

そんな中、ネム(XEM)のような決済以外での利用が可能な通貨や、リップル(XRP)のようなブリッジ通貨などが実社会で生き残るのかもしれません。

まあ何にせよ、皆さん投資に関してはすべて自己責任で運用してください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

仮想通貨が買える取引所にコインチェックがあります。日本で一番多くの通貨を扱っており、全部で12種類の仮想通貨が取引できるので安心だと思います。これを機に無料登録されてはどうですか?

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

また、ザイフのほうが購入手数料が安いです。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© くるま君のやりたいことをやってみる , 2018 All Rights Reserved.