とにかく思ったことを行動してみる

子供用のいすをDIYしてみた

2019/06/06
 
この記事を書いている人 - WRITER -

ちょうど家に余った木材があったので、子供用の椅子を作ってみました。

まずは下書き

参考なまでに今回の椅子のサイズを載せてみました。

 

 

ということで必要なものがこんな感じ

 必要なもの 

1.脚(A、B):適当な木材

私は幅60㎜×厚み24㎜の白松材が余っていたのでそれを使った

2.座面(C):適当な板

私は厚み12㎜のパイン集成材が余っていたのでそれを使った

3.背もたれ(D):適当な板

私は1×4木材が余っていたのでそれを使った

4.木工ボンド

子供が使うので釘とかネジは避けたかった

5.サンドペーパー

角はきっちりやすり掛けしないと怪我のもと

 

すべてホームセンターで売ってますよ。

私がよく使うのはコーナンで、そこの大型機械で木材をカットしてもらってます。普通は1カット50円とかするので、もったいないなぁとためらっている人もいると思いますが、コーナンアプリをダウンロードをし、無料クーポンを取得すれば木材カットが10カットまで無料でやってくれます。自分でのこぎりで切るよりも圧倒的に切断面がきれいに仕上がりますのでお勧めです。

コーナン無料クーポンを取得しよう‼

しかも私が行っている所(ほかのコーナンでは分かりませんが)では、1日10カットまで無料なのですが、10カット以上する場合は次の日にもっていけばまた無料でやってもらえるんです。つまり30カットしたければ3日に分けて持っていけば全部無料でできちゃうんですよね。これはうれしい ^^

今回の私の場合は

①余っている木材があったので何も買っていない

②そんなにカット数も多くない

③そもそもコーナンに行くのがめんどくさい

ということで、のこぎりと電動糸のこを使い自分でカットしました。

木材はサンドペーパーで80→120→180→320の順番でゴシゴシやすり掛けします。ささくれとかで怪我をしないようにここはしっかりやりましょう。

サンダーがあれば楽にやすり掛けできますよ。

角はトリマーでガンガンに丸くしました。とても便利なので一家に一台あってもいいと思います。が、サンドペーパーでも十分丸くできますよ。

これが

こうなります

カットが終わってやすり掛け&トリマーで角の処理が終われば、木工ボンドで貼り付けて終わりです。

完成したのがこちら。

我が娘が座るとこんな感じ。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

あと、これからどんどん広がっていくと言われる仮想通貨。ほんの少しでも興味があるのであれば、取引所での口座開設をお勧めします。登録は無料です。下にリンク貼っておきますのでそちらのほうもぜひチェックしてみてくださいね。

取引量日本一と言われるのがこのコインチェックです。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

手数料が安いのがこのザイフです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© くるま君のやりたいことをやってみる , 2017 All Rights Reserved.