とにかく思ったことを行動してみる

自転車のブレーキシューを交換しました。

2019/06/19
 
この記事を書いている人 - WRITER -

久しぶりに自転車に乗り始め、この前はタイヤの交換をしましたが、その後モンキー125を売ったことで通勤が自転車になっています。

毎日自転車に乗っていると色々とメンテナンスをしなかったシワ寄せが出てきていることに気が付きます。

今回は後輪のブレーキをかけた時に金属がすれるような音がするので、チェックしてみると明らかにブレーキシューが無くなっているんですね。

ということで交換します。

今回購入したのはこれ↓

日本郵便配送 送料無料 自転車 Vブレーキ ブレーキシュー 左右ペア セット 70mm 4色 Foglia フォグリア クロスバイク マウンテンバイク ナット付 レッド ブルー イエロー グレー MTB CTB ATB ☆

価格:648円
(2019/5/27 08:45時点)
感想(3件)

色は赤にしました。

ものはこんな感じ。

裏面に交換方法が書いております。それを参考にやっていきます。

では交換していきます。

まずは、ブレーキロックを外します。

次に、タイヤを外します。

で、ブレーキシューを交換します。今回は六角レンチのみで出来ます。

ブレーキシューを外して、交換方法に乗っている図のようになっているのかをチェック。

しっかりとなっていますね。

パット部分を見てみると、ゴム部分が完全に無くなってます。

金属がすれるような音の原因はこれですね。まぁ我ながらこんなになるまでよくほったらかしにしてましたよ。反省です。。。

仮止めをしていきます。下の図は片方だけ入れてみたものです。

両方にブレーキシューを入れてタイヤをはめます。

いったんブレーキロックを付けて、ブレーキシューの微調整と本締めをしようとしたのですが、ブレーキロックが入らない。

何度か力で押し込めてみようと試みましたが無理し過ぎてはいけないと思い、ブレーキワイヤーの位置を約1㎝程伸ばすことに。これも六角レンチで出来ます。

これで、ブレーキロックもきれいにはめることが出来ました。

最後にブレーキシューがきれいにホイール部分にあたるように微調整をし、本締めをします。

ブレーキロックをはめてから、ブレーキシューを本締めします。

これで以上です。時間にして20分くらいかなぁ。

あとは、軽く乗ってみて違和感がないかのチェックをすればOKです。

ちなみに私は、ブレーキワイヤーの位置を変えたことにより、なんかブレーキシューが少しグラグラし、緩くなっているように感じるので、今度自転車屋さんに相談してみようと思います。

とっても簡単に交換できますが、ブレーキは自転車を止める道具なので、きちんと出来ていなかったら大きな事故にもつながりますからね。

みなさんもしっかりと調整をしてから乗りましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© くるま君のやりたいことをやってみる , 2019 All Rights Reserved.