とにかく思ったことを行動してみる

第2話:ジャイロキャノピー購入しました(全3話)『ジャイロキャノピーが届くまでのおはなし』

2019/08/21
 
この記事を書いている人 - WRITER -

注)以前までは店の名前や個人名を出していたのですが、色々あって一部伏せることにしました。

 

第1話『ジャイロキャノピー購入をお願いするまでのおはなし』

では、タ●●ファクトリーで購入する意思を伝えたという所まで記事に書きました。今回はジャイロキャノピーが家に届くまでの記事を書きたいと思います。

ちなみに、この話を飛ばして

第3話『購入したジャイロキャノピーを乗ってみてのおはなし』

に行っていただいても構いません。

5月8日(火)

タ●●ファクトリーでジャイロキャノピーを作ってもらうようお願いし、予算は約30万円で、整備、ミニカー化、ワイドスクリーン、レッグガードを付けるようにお願いしました。

タ●●さんからお金を予算の30万円の半額の15万円振り込んでいただけたらオークションに参加し、動くことが出来ると伝えられ、一番早くの業者オークションが9日(木)、10日(金)に行われるので、9日の朝一に入金が確認できればすぐに動くことが出来ると伝えられました。

買うと決めた時から早く買いたかったので、その日の仕事終わりに指定口座に15万円入金しました。

 

5月9日(水)

入金確認ができたので本日のオークションに参加しますとタナベさんから報告がありました。その後、オークションが終わったころに連絡が入り、良いものがあったのだが競り合いになって高値になったために見送ったと伝えられました。

で、10日に出品されるジャイロキャノピーの下見を今からしに行くとの連絡が入りました。

夜に『とてもきれいなジャイロキャノピーだった』と連絡が入り、写真が送られてきました。

2007年式の最終型(車台番号TA02-20*****)、役所で使用されていたもので、車体の痛みも少なく、これでいくなら今回の予算(30万円)では足りないかもしれないとの報告を受けました。

写真で見る限り、リアボックスのステッカー痕が多少汚く見えますが、磨けばきれいになるので問題なしと判断。

それ以外を見た時に、10年以上たっている車体としてはとってもきれいな状態に見えました。

タ●●さんには『多少の予算オーバーは仕方ないが、予算内で収まる違う車体で、タ●●さんが整備したほうがより良い状態になるのならそっちのほうが良い 』と伝えました。

 

5月10日(金)

朝一に今日のオークションに出品されている4台の車体の報告がありました。

1台目

走行不明。古い型で痛みも多いので除外。

2台目

走行不明。整備ベースに最適。予算30万円の範囲内で整備・カスタム込みで納めることが出来る。

 

次の3代目、4台目は昨日の車体の報告です。

3台目

走行距離26,286㎞。屋根サイドと外装のほんの若干だけへこみあり。整備優先でカスタムを除外し34万円前後と予測。

4台目

走行距離24,644㎞。とてもきれいな1台。整備優先でカスタムを除外し36万円前後と予測。

 

3台目、4台目に関しては元の使用者が郵便局なので、室内保管で日焼けもしていない。整備もしっかりとしていて動作に不安がありませんとのこと。

私としては、この4台の中なら元の状態が良い3台目か4台目だと思い、ワイドスクリーンやレッグガードなどのカスタムは後回しにし、第1優先が4台目、それがダメだったときは3台目で競売に参加してほしいと伝えました。

数時間後に第1優先の4台目の車体が無事落札できたことの報告を受けました。

これが落札した車体です。よーく見るとリアボックスに『赤坂郵便局』というステッカー痕があります。

ちなみに落札額は聞いていません。なぜなら、これは業者オークションだし、タ●●ファクトリーも商売でやっています。

当然利益を出さないと商売にならないので、落札額がなんぼだったから合計金額はもっと安くなるでしょとかの交渉は私はやってはいけないと思っています。

でも、やっぱり予算をオーバーするのかどうかが気にはなったので、落札額が予想通りの金額だったのか予想以上に高くなったのか安くなったのかだけ聞いてみました。

答えは『高かった』でした。

なので、私の中で予算の30万円は確実にオーバーし、初めにタ●●さんから整備優先で36万円前後と予測されていたので、最悪40万円くらいを少し覚悟しましたが、オークションに参加する前の電話で『出来ればどれだけオーバーしても35万以内で納めたい』という旨をタ●●さんに伝えていたので、どうなるのだろうかドキドキしていました。

とにかくタ●●さんを信じて作ってもらおうと決めてお願いしているので、まずは待つことにしました。

 

ちなみにこの日、モンキー125が私の手から引き取られていった日でした。

 『さようならモンキー(泣)』

 

5月11日(土)

テスト走行し現状確認した報告が入りました。

特に問題を感じる部分はなかったみたいですが、エンジン周りのメンテナンスを実行したという報告が入ります。

駆動系は痛みが少しあったので、全部新品交換。

新品部分にスライドピースがないですね。プーリーについている感じも見えないですが、タ●●さんは新品に交換したと言ってますのでしているのでしょう。

リアブレーキも新品交換。

スペーサーを入れてミニカー化。この写真を見ると、タイヤの溝が結構無くなっていますね。

エンジンは各部のベアリングもオイルシールもすべて痛みなし。

エンジン周りのサブフレームも全く歪みなし。

などリア足回りとエンジンの整備についての報告がありました。

写真があるのとないのがありましたが、作業しながら写真を撮るのも大変だと思い何も言ってません。

ただ信じるのみ。

夜には、LEDヘッドライトを付けたキャノピーと私のキャノピーの比較もしてくれました。

他のサイトでもジャイロキャノピーのヘッドライトは暗すぎるというのが書いており知ってはいたのですが、このように写真で見せられると『こりゃダメじゃん』と当然なりますよね。

値段を聞いて、LEDライトを付けるのかは最後に考えますと答えました。

あと、仕入れの段階で1点だけ気になっていたのがマフラーカバーの振動音だったようですが、ゴムブッシュが削れて無くなっているのを発見したので、そこを修理したら静かになったそうです。

また、スパークプラグやエアーフィルターも24,644㎞走っている割には綺麗だったそうですが、新品に交換したそうです。

 

5月12日(日)

フロントブレーキ、フロントサスペンション、メーターギア、アクセルスロットル、ハンドルスイッチ、スロットルワイヤー、ホイールハブに手を入れた報告が入り、写真が送られてきました。

↓ここはアクセルスロットルジャンクションでしょうか。すごいカスがこびりついていますね。

↓綺麗に洗浄してくれました。

↓スロットルワイヤーもきれいに洗浄してくれてます。

↓綺麗にグリスアップしてくれました。ん?下の2本はグリスアップされてないのかな?する必要ないのかな?

↓おぉ。キレイになりましたね。

↓すみません。この写真の意味は分かりません。グリップをきれいにしてくれたのか。アクセルスロットルをしっかりと取り付けましたよの図なのか。。。

↓フロントの足回りです。今からばらして洗浄に入るのでしょうか。

↓まずはバラしましたの図? ていうかキレイなので洗浄が終わりましたよの図のような。。。

↓ボトムリンクアームをキレイに洗浄しましたの図。ここにはフロントサスペンションの上下についているブッシュも含んでいるのだろうか(オレンジのブッシュがそうに見えるのだが)。。。素人には分かりませんがタ●●さんはブッシュの洗浄もしていると言っているのでたとえこの写真に載っていなくても大丈夫でしょう。

↓ボトムリンクアームの取り付けで、きっちりグリスアップしてくれてます。

↓すっげーキレイになってます。 😆 😆 

↓メーターギアもきれいに洗浄されてますね。

↓ブレーキドラム内のブッシュ関係もきれいに洗浄されてます。ブレーキシューは新品に変えていると言ってました。

全てを装着完了。うーん、とってもキレイに仕上がってますね。

これで整備がすべて終わりましたと報告があり、ここまででの金額が

 299,6464円

ん?30万円切ってるやん。。。

36万円前後と言っていたので、かなり驚きました。

最終の整備内容は

新品交換(分解時、清掃・グリスアップ含む)

・ブレーキシュー(3輪)

・バッテリー(ジェルタイプ電解液)

・スパークプラグ(熱価8番)

・デフギヤオイル

・エアークリーナーエレメント

・ドライブプーリー

・ウェイトローラー(8.5g×6個)

・スライドピース

・ドライブベルト

・遠心クラッチユニット

・クラッチアウター

・ワイパーブレード

 

清掃・グリスアップ

・フロントサスペンション上下ブッシュ

・トルクリンクアーム(前ブレーキ支持アーム)

・ボトムリンクアーム(前サスペンション支持アーム)

・キャブレター全分解(オートチョーク含む)

・2ストロークオイルポンプ

・アクセルスロットル(3本とも)

・アクセルスロットルジャンクション

・各部スイッチ

こうして見てみると、マフラーや外装など、目に見える分かりやすい部分を取り換えてパっと見きれいにしているような整備ではなく、一見素人には分からない部分をしっかりと整備してくれていますよね。

これは、買い手からしたらとても安心です。

この状態から、カスタムパーツであるワイドルーフ(17,258円)、レッグガード(12,960円),リアタイヤオーバーフェンダー(10,800円)、LEDヘッドライト(11,448円)をどうするかということと、バイクの陸送を直接家まで(31,860円)にするか、デポに取りに行く(27,000円)にするかの相談が来ました。

当初の予算である30万円で収まっている状態で、陸送代だけ支払うべきか、予算をオーバーしてでも何かしらのカスタムをしてもらうべきか。。。

 

5月13日(月)

ミニカー化により、リアのエンジンカバーが入らない状態になっているので、オーバーフェンダーを取り付けるのなら切り落としますがどうしますかということと、今回は安く済ませるためにタイヤを新品に交換していないが、それもどうしますかと相談されました。

5月11日に送られてきたミニカー化を行ったときの写真で、タイヤの摩耗が結構あったので新品タイヤを入れようか悩んだのですが、当方初めての3輪バイクなので、乗り方とか全くわかっていません。普通の2輪バイクと微妙に乗り方が違うと聞いたことがあったので、まずは古いタイヤで履きつぶすまで練習してから新品タイヤを入れようと思いました。

あと、いろいろ事情があり上限を35万円以内に収めないといけなくなったので、追加カスタムに関しては、リアタイヤがむき出し状態は嫌ということもあり、リアタイヤオーバーフェンダー(10,800円)、LEDヘッドライト(11,448円)の2つにし、バイクの陸送をデポに取りに行く(27,000円)ことで、支払い合計金額を348,894円でお願いすることにしました。

LEDヘッドライトは単純にカプラーオンのやつが市場にあるので、自分で購入し取り付けたほうが安くつくし、オーバーフェンダーもなんか自分で出来そうに思ったのですが、何となくタ●●ファクトリーでお願いしました。

これに関しては、この記事を書いている今になって思うのは、ワイドルーフの取り付け(17,258円)のほうが自分ではなかなかできそうにないので、そっちをお願いしたほうが良かったかも、と少し後悔しています。

まぁ今更言ってももう遅いので、本当にワイドルーフが必要に感じたら頑張って取り付けてみようかな。

また、タ●●さんから市役所にミニカー登録するための方法と、前のバイク(モンキー125)に付けていた自賠責保険を今回のキャノピーに入れ替える『車両入れ替え』の方法を詳しく教えていただきました。

 

5月14日(火)

LEDヘッドライトの取り付けをしているという報告が入りました。

5月16日(木)

LEDの取り付け写真が送られてきました。

↓キレイに収まるみたいですね。

↓ヤバい。明るすぎますよ。

消費電力の実測値は

 ハイビーム:21ワット

 ロービーム:10.8ワット

純正の電球がハイ/ローどちらも18ワットなので、ハイビームは純正より電力を食いますがロービームは大幅に省電力につながっています。良い感じですね。

 

5月18日(土)

オーバーフェンダーの取り付けが終了し、すべての作業が終了しましたとの報告が入りました。オーバーフェンダーは、商品に付属しているネジが鉄製だったので、すべてステンレス製に取り換えてくれたそうです。

まぁ当たり前のことですがボディの色との差が結構目立ちますね。

また、ミニカー登録するために必要な書類や売買契約書等を発送するという報告がありました。

 

5月23日(木)

市役所でミニカー登録をし、青色ナンバーを取得しました。

また、タ●●さんからジャイロキャノピーを陸送屋さんに引き渡したと連絡が入りました。

 

5月24日(金)

保険会社に行って、自賠責保険の車両入替をしました。新しいステッカーもゲットです。

 

6月7日(金)

色々あって結構待たされましたが、ようやくデポにキャノピーを取りに行くことができました。

で、このとき初めて自分が購入した車体を見ることが出来たのですが、正直な感想は

『思っていたより汚いぞ』

です。まぁリアボックスのステッカーやステッカー痕がすごいのは写真で分かっていましたが、外装、内装部分において、全く洗車をしている感じもありません。ハンドルポストの部分とかを指でなぞると指が真っ黒になり、思わず笑ってしまいました。

『全く洗車してくれてないやんけ~~』

バイクや車を中古車で何回か買ったことがあるのですが、全く洗車をせずに渡してきた業者に今まで会ったことが無かったので、ある意味新鮮でした。

『私は洗車なんかでごまかしませんよ。その代わりしっかりと整備にお金かけましたから』

と言っているのかなと、すべて良いほうに捉えてしまいました。

実際にタ●●さんにLINEをしました。

タ●●さんの回答は

『ウチの売りはジャイロの整備がきちんとできることで、洗車や磨き等の外観の仕上げには重きを置きません。もちろん手を抜いたつもりではないのですが、ご不快な思いをさせたのであれば申し訳ありません。』

でした。

まぁ外装、内装は自分で磨けば何とかなりますからね。不快な気持ちは不思議と全くなかったですね。

ということで、今回はここまでにします。

とにかく無事にジャイロキャノピーが私のところまで届きました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

前の記事を読みたい方はこちらからどうぞ

第1話『ジャイロキャノピー購入をお願いするまでのおはなし』

次の記事を読みたい方はこちらからどうぞ

第3話『購入したジャイロキャノピーを乗ってみてのおはなし』

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© くるま君のやりたいことをやってみる , 2019 All Rights Reserved.