とにかく思ったことを行動してみる

第1話:ジャイロキャノピー購入しました(全3話)『ジャイロキャノピー購入をお願いするまでのおはなし』

2019/08/21
 
この記事を書いている人 - WRITER -

注)以前までは店の名前や個人名を出していたのですが、色々あって一部伏せることにしました。

 

チョーお気に入りだったモンキー125なのですが、職場が50㏄未満の原付しか通勤で乗り入れてはいけないというルールを発令してしまい、モンキー125で通勤できなくなりました。

で、敷地外に駐輪所を借りて通勤なんて嫌なので、泣く泣くモンキー125を売却。

その後、通勤に使うための次のバイクが必要になるのですが、次に乗るバイクは以前からジャイロキャノピーだと決めました。

まずモンキー125の注文をした2018年の8月の時も、ジャイロキャノピーかモンキー125かで迷ったくらいですから。

当時ジャイロキャノピーをやめた理由は単純に『値段が高い』のと『モンキー125が出た』からです。新車で50万円を超える50㏄の原付ってあまりないですよね。それでもモンキー125が出てこなかったらジャイロキャノピーを買っていたと思うのですが、モンキー125が出てしまい、それがジャイロキャノピーよりも安かったので、モンキー125を購入したという訳です。

さて、ジャイロキャノピーを探すときに、まずジャイロキャノピーのことを、もっとよく知らないといけないと思い、いろいろな店をネットで調べました。

そのような中で出会ったのが『 タ●●ファクトリー 』です。

タ●●ファクトリーを見つけた経緯を話すと、始め私はジャイロキャノピーの原付2種化ミニカー化のどちらかを考えていました。なぜなら、まず50㏄未満の原付は原付1種というカテゴリーに入っており、それは法定速度が時速30㎞で、2段階右折が必要となります。正直つらいですよね。

それに対して2種登録やミニカー登録ができればそれらの縛りがなくなるので、そっちのほうが私にとって、とっても都合が良くなります。

ただ、ミニカー登録で『自動車扱い』となり 原付ではなくなってしまうと思っていた 私は、ミニカーでは職場の許可条件に違反すると思ったので、自然と50㏄の2種登録ジャイロキャノピーを製作しようと思ったんです。

ただ、50㏄での2種登録は違法行為なので、実際には65㏄にボアアップして2種登録をし、職場には

 『書類上65㏄で登録して2種登録してますが、実際は50㏄の原付ですよ』

と言ってごまかしていこうと思っていたのです。

これは職場にばれたら大ごとです。

なので、いろいろと悩みました。

でも、1人で悩んでいても何も始まらないので、まずは色々と調べていこうと思い、ネットで『ジャイロキャノピー 2種登録』で検索したところ、タ●●ファクトリーさんのHPを見つけたのです。

他のサイトでは『ジャイロキャノピーの2種登録自体が違法だ』と書いているところもあったのですが、タ●●ファクトリーのサイトでは、ちゃんと法律にのっとって2種登録をしていることが書いていました。

もう少し詳しく話が聞きたいと思ったのと、そのほかのことで相談したいこともあったので、電話をしてみました。

電話に出てきたタ●●ファクトリーの社長さん(以下タ●●さん)は、すごく気さくな方で、いきなりの電話なのに嫌な対応もせず私の質問に丁寧にじっくりと答えてくれました。(結局いきなりの電話で、タ●●ファクトリーでバイクを買うという意思表示を私はしていないのに、1時間くらい話をしてくれました)

その中で分かったのは、

  1. ジャイロキャノピーは現在の4ストよりも昔の2ストのほうが色々な面で良い。
  2. 後輪トレッド幅が430㎜以上ある4ストキャノピーでは2種登録はできない。
  3. 中古ジャイロキャノピーは騙されるケースが多い。
  4. ジャイロキャノピーをしっかりとメンテナンスしているかどうかはエンジンと車体をつないでいる部分のブッシュを見れば分かる。
  5. ミニカーは道路交通法では自動車扱いだが、道路運送車両法では原付扱い

3は私もいろいろと噂は聞いていたので分かっていましたが、だからと言ってその見分け方は素人には分からないのものです。で、その見分け方はどうすればいいかという質問に対し、4のブッシュ部分を見れば分かるということをタ●●さんが教えてくれました。さらに車体を揺らした時のブッシュ部分にあるボルトが動いたりガタついている場合は要注意だということも教えてくれました。

下↓の画像の黄色〇部分です。運転席に座って左手側です。この写真はタ●●ファクトリーで整備済みの綺麗な状態。

これ↓がダメな状態の写真。

丁寧に分かりやすく、さらに写真を撮ってそれをブログに載せて説明までしてくれたのですごい参考になりました。

いろいろと相談をしている中で 5が私には衝撃的で、ミニカーは原付だということを初めて知りました。(ただし、道路運送車両法ではですけどね)

毎年の税金での紙にしっかりと書いているのに、全く気づきもしませんでした。

 

これは私の職場の『50㏄未満の原付』というルールに当てはまるのではないかということと、ボアアップしているのにしていないという嘘をつく必要がなくなることの両方を満たしているので、私からしたら『ミニカーは原付』という言葉は、まるで 神からのお告げ のようでした。

ただ、タ●●さんが『しっかりと職場に聞いてミニカーは車両法では原付なので大丈夫なのかを確認したほうが良いですよ』と言って、黙ってこっちの解釈だけで進めないほうが良いということも言ってくれました。

色々と話を聞いて、やるべきことが見つかった私は、後日職場に確認をしに行きました。

私が伝えたのは

  1. ジャイロキャノピーというピザ屋の配達などで使われている3輪のバイクがあり、それは50㏄の原付である。
  2. 50㏄だと法定速度が時速30kmなのだが、毎日の通勤で使う私としては法定速度が道路標識にある速度で走りたい。
  3. ジャイロキャノピーの後輪間の幅をもう少し広げることでミニカー登録することが出来、そうなれば法定速度が道路標識の速度になる。
  4. ミニカーは道交法的には自動車となるが、車両法では原付に属している。
  5. 職場のルールである『50㏄未満の原付』を一応満たしていると思う。

です。

職場からの解答は『ミニカーでもオッケー』でした。

これで、後ろめたい気持ち無しに心おきなくジャイロキャノピー購入に動くことが出来ると思いました。

で、私の住んでいる関西で何件かジャイロ専門店を回りました。

まずブッシュの部分をチェックしてみたのですが、、、正直よく分からない。

次に、車体を揺らしてみて確認してみましたが、、、うーんこれも正直よく分からない。でも動いていない気がする。

せっかくタ●●さんが丁寧に説明してくれたのに、実際にチェックしてみると何をもってダメなのかの判断がつきにくいのですね。はっきりとボルトが動いていれば『ダメ』と分かるのですが、そうは見えないのです。

ただ、一つはっきりと分かったのは、

『新品のブッシュに交換しているという形跡があるジャイロキャノピーは1台もなかった』

んですね。これは変える必要がないから変えなかったのか、初めからチェック項目ではなかったのかが私には判断できませんでした。

で、正直にショップの人にいろいろと話をしてみました。

  • 予算30万円くらいでどれだけ整備をしてくれるのか?
  • ある店ではどのようなオールペンをしても値段が変わらないと言っていたのだが、それはどうしてか?
  • オールペンをしなかった場合どれだけ整備にそのお金を回せるのか?
  • エンジンと車体をつないでいるこの部分のブッシュやボルトが変わっていないが、それはどうしてか?

他にもいろいろと質問してみたんですが、初めは何でも聞いてくださいと言っていたのにだんだんとめんどくさいと思われたのか最後のほうは結構いやそうな顔をされてしまったんですね。

私としては納得をして買いたいと思っているだけなのに。

だんだん店を探すのがしんどくなってきたんですね。

で、GWも終わった後にネットでタ●●ファクトリーを見るとワイドバイザーを付けたジャイロキャノピーが27万円(総額29.7万円)で出ていたんですね。

陸送代を考えてもこれは買ってもいいのかもと思い、どれだけ整備に手を入れているのか等、まずは相談しようと電話をしました。

タ●●さんは私が『GW前に電話した者』だといったら覚えていてくれて、少し話した後に、27万円のジャイロキャノピーのことを聞いたらすでに売れてしまったとのこと。

で、どうしようかと相談しながら話していたら、整備に関しては細かいところまで話してくれるし、予算30万円に合わせて整備内容もきちんと説明してやりますよという当たり前の返答が返ってきたのですが、その当たり前の回答がなかなかもらえなかった私にはそれが久しぶりに感じ、もうタ●●ファクトリーでお願いするのが最終的には早く、そして安心して購入できると思いました。

ちなみにタ●●ファクトリーは東京都にある店なので、関西に住んでいる私はタ●●ファクトリーに行ったことがありませんし、タ●●さんに会ったこともありませんし、きちんと整備してくれるかの確認もできませんが、話をしていく中で、

 『間違いなくタ●●さんならきちんとやってくれるだろう』

と思えたので、タ●●ファクトリーで車両を見つけてもらうことに決めました。

まぁ、これで騙されたのならそれも運命。。。自分に運がなかっただけの話です。

で、タ●●ファクトリーでジャイロキャノピーを購入する意思を伝えました。

今回は、ここまでです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

続きの記事はこちらから読めます。

第2話『ジャイロキャノピーが届くまでのおはなし』

第3話『購入したジャイロキャノピーを乗ってみてのおはなし』

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© くるま君のやりたいことをやってみる , 2019 All Rights Reserved.