とにかく思ったことを行動してみる

ビットコインは詐欺?ビットコインの発行枚数が2100万枚って大嘘だ‼

2017/11/30
 
この記事を書いている人 - WRITER -

ビットコインの発行枚数は2100万枚で、発行枚数が少ないコインは価値が上がりやすいと言われています。

それに対してネム(XEM)やリップル(XRP)は発行枚数が多いので価値が上がりにくいとも言われています。

が、実際に購入するときのことを考えてください。

ビットコインは現在1BTCが約90万円ですが、皆さん90万円ないとビットコインが買えないと思っていますか?



実際に仮想通貨を買ったことがないと、そう思ってしまう方が多いと思いますが、仮想通貨の売買をしている方はみんな分かっています。

そうです。ビットコインは1000円からでも買えるんですよね。

というのも、ビットコインは最大小数第8位の桁まで分解することが出来るので、1000円からでもビットコインは買うことができるのです。

ちなみに、

0.00000001BCT=1satoshi

して計算されます。(ビットコインの生みの親であるナカモトサトシからとってきているのでしょう)

つまり、1BCTを90万円とすると、1000円で買えるのは0.00111111BCTとなります。

ということはですよ。もはや発行枚数が小数第8位まで増えているのと同じではありませんか。

となると、ビットコインの発行枚数の上限は、BTCで考えると2100万枚ですが、実際に取り引き出来る枚数で言うと

2100万×10000000satoshi= 210兆枚

ということになりますよね。

もはや発行上限枚数なんて関係ないような気がしません?

もし1枚単位でしか買えないとしたらどうでしょうか。

みなさんビットコインを90万円払って1枚買います?

おそらく買わないでしょう。てか一般庶民は買えないでしょう。

でも、1000円からでも買えるから買っているんだと思います。

なんか、感覚がおかしくなってきません?

さらに、ビットコインは8月にハードフォークをして、ビットコインキャッシュが出来ました。

そして以前からビットコインを持っていたらそれと同枚数のビットコインキャッシュを配ったんです。

これが10月のビットコインゴールドでも行われました。

segwit2Xは避けられましたが、その代わりビットコインキャッシュが大暴騰をし、そして、ビットコインキャッシュがハードフォークし、ビットコインキャッシュクラッシック?なるものが生まれ、またまた同枚数のコインが配られました。

こんな簡単にコインをばらまいていいのでしょうか?

枚数も簡単に少数の位まで分解させて実質の枚数を増やしたりと、ビットコイン系列は勝手なことをやりすぎていると思うんです。

なぜ、そんなビットコインにこんなにも価値をつけたがるんでしょうか?

結論は簡単で、儲かるからです。

はっきり言って一部のマイナーたちが儲けたいがためにどんどん変なものを作っているだけの状態にしか見えません。

非中央集権だから意見もまとまらず、一つのベクトルに向かっていかないので、結局私利私欲のために動いているだけですよね。

今の状態は、非中央集権や極端な共産主義の行きつくバカな例です。

それに対してリップルは明確なビジョンを持って進んでいるように見えます。

この前どこかのニュースに機関投資家の会合があって、そこでほとんどの人が『ブロックチェーン技術は研究するに値するがビットコインは全く興味がない』という発言をしていました。

お金のプロが見て、今の状態はおかしいのでしょう。

そして、ナカモトサトシさんはビットコインがこのような状態になっていくのを本当に望んでいるのでしょうか?

さらに、そんな変なビットコインを、今一番買っているのが日本人なんです。

あまり分かっていない人でも、ただ『儲かるから』というだけで買っている人が多いのではないでしょうか。

かつて村上ファンドの村上社長が『お金儲けってそんなに悪いことですか?』って発言して、いっぱいメディアで叩かれてましたけど、正直日本人って陰でこそこそ金儲けをしますよね。

ある意味私は村上社長のように、正々堂々とお金儲け大好きっていう人のほうが信用できます。

まぁFXを作ったのも日本人だし、日本人は本当にお金が大好きな種族だと思います。

でも、今のビットコインのやり方で儲けたとしても、その儲け方って正しい儲け方ではないように思います。



さらにもっと考えてみましょう。

ビットコインって1秒間に処理できる件数が約10件です。(正確ではないですがだいたいこんなもんでいいです)

で、ビットコインを使う人が増えてくればくるほど処理できない件数が増えてきて、現在、未処理の件数が十万件以上になっていますし、それが日々増えています。

このトランザクションの問題はずーと前から問題視されており、そのためにビットコインはハードフォークを続けているんです。

もはやビットコインとしての限界が来ており、その根本が変わらないのに取り敢えずの対処法としてのハードフォーク。

そして、価値を保つために全員にコインを配るという錬金術。

さらにライトニングネットワークというものをコア派は作ろうとしています。

これは、一度ブロックチェーンに乗った過去のブロックを一旦切り離し、ライトニングネットワークという大きなサーバに保管しようというもの。

そうすることで、長くなりすぎたブロックチェーンを短くでき、認証する時間を短縮できるということだそうです。

ビットコインが安全であるという最大の理由がブロックチェーンを使っているからなのに、そのブロックチェーンを切り離してブロックチェーン外のサーバに保管するって。。。

そこまでして、ビットコイン系を残す必要ってあるの??

ビットコインはいろいろと不具合があるってことが分かっていたので、その問題点を改良したコインが開発されているんですよね。

それがライトコインやイーサリアムやネムだったりするんです。

でもライトコインもイーサリアムも結局はビットコインよりは処理能力は高いけど、それでも認証時間は数分かかります。POWの限界だと思います。

だからイーサリアムはPOSへ移行しようとしているんですよね。

それに対してリップルやネムは数秒(10秒以内)です。

なのに、ビッグカメラやHISではビットコインを決済手段として採用していますし、これからどんどんビットコイン決済ができる店が増えていくこの現状って、もはや私には理解不能。

なぜ、企業は処理能力の高いリップルやネムを採用しないのでしょうか?

まぁリップルはその性質上、決済通貨としてではなくブリッジ通貨なので、私は、通貨としてはネムがカタパルトを実装すれば絶対に一番いいと思います。

FXなどでビットコインが盛り上がるのは大いに結構なんですが、実際の店で使えるようになってきているのが不思議でなりません。

そしてみなさん知っていますか?

大企業はどんどんビットコイン決済を取り入れてきたりしていますが、逆に以前はビットコインを扱っていた小さな店が、最近パタパタと取り扱いをやめているそうです

儲かるはずのビットコインなのになぜ取りやめるのでしょうか?

それは、処理が通るのにかなりの時間がかかっているからではないでしょうか?

お客さんが買ってくれたお金が自分の店に入ってくるのが数ヶ月後になっていては、体力のない小さな店はやっていけないのでしょう。

私は、これからの社会においてブロックチェーンを用いた仮想通貨が、我々の生活をより便利にしてくれると思っておりますが、ビットコインだけは全く理解できない値上がりの仕方をしているのが腑に落ちません。

一番初めにできた仮想通貨であることはとても素晴らしいことですが、もう実生活で使えれるかといった見方をすれば時代遅れの通貨なはずでしょう。

まだまだ仮想通貨はこれから発展していく産業なので、時代遅れという表現はちょっと間違っているかもしれませんが、ビットコインは通貨としては問題だらけの通貨だということは間違いありません。

 

私は本当に思います。ビットコインでなく処理能力の高いリップルやネムが基軸通貨になってほしいと。(私のポジトークになってたらすみません)

それでも数年後にはリップルやネムのような今ある仮想通貨よりも、もっと機能的・セキュリティ的に優れた仮想通貨が出てくるのだと思います。

量子コンピューターにも対応するような仮想通貨が必ず世界で使われるのでしょう。

でもそうやって、通貨が進化していくのだと思います。



話がそれてしまいました。内容を発行枚数に戻します。

仮想通貨のいいところは、発行枚数の上限が決められているので、法定通貨のように国が勝手に紙幣を大量印刷し、通貨の価値を下げることがないところだという人がいます。

しかし、小数点以下の位を作ることで、もはや発行枚数なんて実質いくらでも増やすことが出来てしまっています。

もう一度言います。ビットコインの発行枚数は 2100万枚ではなく、210兆枚ですよと。

そして、ビットコイン系統は意見が一つにならな過ぎてハードフォークで分裂することしか能がない感じです

そして、その甘い蜜を取りに行くイナゴが多いこと。

世界のみんながそんなことをいつまでも許しておくわけないと思うのです。

そんなビットコインに私は全く魅力を感じません。

違う記事にも書きましたが、私はビットコインを持っておりません。正直私が仮想通貨を始めた頃は1BTCが30万円なので、その時買っておれば約3倍に資産が増えてますし、その時買ったネムは値段が落ちていますので、損をしていることになります。

それでも、ビットコインを買わなかったことを後悔していませんし損をしていると思っていません。

あくまで、得をしていないだけです。

(ちなみに私の仮想通貨での投資は現時点ではマイナスにはなっていません。別にトレードをして増やしているわけではなく、これは将来とても役に立ちそうだと思うコインを購入しているだけです。)

ネムが上がらないのは正直ショックですが、ネムの活動をツイッターとかで見ていると、かなり活動を頑張り始めているのでもう少し我慢すれば上がってくれると思っています。

ネムは通貨としては抜群の性能があると思っています。

そして、ビットコインの在り方には疑問しか持っていません。

今後1BTCが1000万円になるとか1億円になるという人もいますが、もはやそうなったときは、ネムを含め、今ある仮想通貨は終わってそうですよね。

なぜかって?

そりゃ、倫理的におかしな増え方をするビットコインがいつまでも価値を持ち続けることに不満を持つ人が増えるからです。

そして、ビットコインがいずれ大暴落し、それに引きずられて他のアルトコインの価値はほとんど無くなるかもしれませんよね。

そうなりそうな時は、私はたとえ含み損を抱えていたとしても素早く仮想通貨から撤退するつもりです。損切りは最小でしたいですからね。

そうはなってほしくないので、出来るだけ早く、ビットコインではないコインが基軸通貨になってほしいです。

 

 

あと、仮想通貨投資による損益においては自己責任にてお願いしますね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

仮想通貨が買える取引所にコインチェックがあります。日本で一番多くの通貨を扱っており、全部で12種類の仮想通貨が取引できるので安心だと思います。これを機に無料登録されてはどうですか?

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

取り扱い通貨の数は少ないですが、購入手数料が安いのはこのzaifです。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© くるま君のやりたいことをやってみる , 2017 All Rights Reserved.